虹はね、

なんでも置き場

東京ディズニーリゾートへ行くときの持ち物リスト

アイキャッチ用に昔使っていたヲタバを引っ張り出してきました。

年間パスポートを持っていたころと比較してパークを訪れる頻度が激減したせいか、パークに行くとき「あ、アレ忘れた!」となることが爆増したので、持ち物リストを作ってみた。

自分用に作ったとはいえ、いろんなパターンを想定したリストにしたので、いろんな方の参考になるかなと思うので公開する。
子連れで必要なアイテムはよくわからなかったので入ってません。ごめんなさい。

今回は首都圏近郊から日帰りを想定して作っている。
あとでお泊りの場合についても書きたいな。

実は以前、「今週のお題」で以下のような記事を書いているけれど、これよりはパターンを網羅、リスト的に使える感じに書いてみた。

spica-mic.hatenablog.jp


…と前置きはここまでにして、さっそく持ち物リストに入る。

下の目次を持ち物リストのように使えるように書いてみた。
必要な時すぐ見られるようにスクショして、自分にとっては不要だな…ってものを黒塗りしておく、など適宜工夫してみてね。

以上!

…というのもさみしいので、ここから長々と解説・補足をつけるので、お付き合いください。

必需品

年中問わずだれでも必需品なもの編

財布・パスケース

パークでは基本的にクレジットカード、交通系電子マネー、iD、QUICPayが使えるので、現金の必要性は人によってはめちゃめちゃ低いかと思うけれど一応お財布。

一部、現金のみの場所もある。(バルーンベンダー、スーベニアメダルなど)
カプセルトイも両替機は近くにあるけど、現金がそもそもないと使えない、など。

faq.tokyodisneyresort.jp

電車で行く&Suica/PASMO等はパスケースに入れてるひとはパスケースも忘れずに。

スマホ・携帯電話

eチケット表示、エントリー抽選、スタンバイパス取得など近年急激にパークで遊ぶときに重要度が増しているのがスマホのアプリ

Tokyo Disney Resort App

Tokyo Disney Resort App

  • Oriental Land Co., Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

アプリを入れなくても、同行者との連絡など必要なことは多いはずなので忘れずに!

(チケット)

入園パスポートはアプリやメールに添付されてるpdfでQRコードスマホに表示!という人も多いと思うけれど、紙チケットを購入した場合や複数日来園パスポートユーザーの場合忘れると大変。

ハンドタオル・ハンカチ

新型コロナ感染拡大防止のためにトイレなどのジェットタオルつかえないので、(もともと必要だったけど)重要度が高まった気がする。

パークでは使わないのでかばんの奥の方に入れておこう。

車で行くなら車の鍵も必須。
忘れたらそもそもパークにたどり着けないけれど。

常備薬

服用している薬があれば忘れずに。

基本的に必要なもの

絶対必須!!!!って言い切れないけど、基本的にはあるとほうがいいもの

モバイルバッテリー(レンタル可)

パークで遊ぶときのアプリの重要性が結構高いのでスマホの充電を切らすと結構辛い。

基本的に今使ってるスマホはいつもは1日もつけど、パークではアプリを使ったり、待ち時間の暇つぶしに使うなど使用時間が長いので1日パークで行くと、フル充電にしていても1日もたない。

まちなかと違ってレストランなどにコンセントやUSBの充電ポートはないので、ケーブルなどだけでなくモバイルバッテリーがあったほうがいいと思う。

私が使っているのはこれ

spica-mic.hatenablog.jp

とはいえ、パーク内でレンタルしたり購入したりすることもできるのでそれを使うと決めるならもっていかなくてもOK。
パークのレンタルバッテリーはケーブルもついているのでスマホ以外何も持っていく必要はない。

spica-mic.hatenablog.jp

折りたたみ傘(晴雨兼用)

晴れた日も雨が降った日も大活躍なので基本的に持って行っている。
予報見て絶対降らなさそうな冬の日はたまに置いて行っているけれど。

パークで売っているのはボリュームがあって嵩張るけれど、かわいいのでパーク行くときは気に入ってよく持って行っている。

(雨予報の時)レインポンチョや傘

雨予報の時は雨雲必要。

私はだいたい晴雨兼用折り畳み傘で済ませる。
パーク内でも売ってるので降ったら現地で買う、でもOK。

雨のパークは傘にするべきかレインコートやレインポンチョにするべきかって記事は後日書きます。

ペットボトル・飲み物

夏は特に水分補給は必須。
冬でも私は1日で200 mLくらいは飲むのでけっこう持っていくことが多い。

現地調達(200円)、パーク行く途中のコンビニ調達でもいいけれど、家にストックしてるときは家から持っていくことが多い。

メイクポーチ

メイクのお直し用。

中身はその日のメイク次第なところもあり、わりと気分だけど、個人的に目薬、ヘアブラシ、リップ、ハンドクリームは必須。

メガネ・メガネケース

基本的にコンタクトなんだけど、何かあった時のために一応眼鏡を持参している。
ちなみになにかあったことはない。

マスクケース・予備のマスク

新型コロナが気になるこんなご時世なので念のため。

テーブルタイプのレストランだと、使い捨てのマスクケース*1を渡されるのでそれを使うことが多く、それ以外のレストランではトレイの上にそのままおいてしまうずぼらなのであんまり使ったことはないのでやめてもいいかも。

パークで普通に買えるし。

ウエットティッシュ・消毒ジェル

新型コロナとか関係なく、ウエットティッシュは持っておくとかなり便利。
食事の前の手拭き、ちょっと汚しちゃったときのふき取りなど大活躍。

パークでおしぼりをくれるところはかなり少なく、レストランでも紙ナプキンのみのところも多い。

消毒ジェルはこんなご時世なのでポーチに入れておいてもいいかも。
とはいえ、あらとあらゆるところに手指用の消毒スプレーが設置されているのであんまり使ったことはない。

エコバック・袋

最近はパークの袋も有料なうえ、季節ごとにデザインが変わらない。
毎度同じ柄を買うのもなあとおもって1枚忍ばせていたり、エコバックを持って行ったりすることが多い。

カメラ

私はパークで使うためにカメラを買った人なので毎回カメラを持っていく。
カメラを持っていくときに持っていくものは以下の通り

  • カメラ
  • レンズ
  • SDカード(予備含む)
  • バッテリー(予備含む)
  • クロス・レンズペン
  • カメララップ

どんなレンズが良いかな?って言う参考には以下記事をどうぞ。
どれぐらいの焦点距離が使いやすいか書いた記事です。

spica-mic.hatenablog.jp

spica-mic.hatenablog.jp

カメラ・レンズを忘れることはめったにないのだが、周辺機器を忘れがち。

バッテリーは充電してたら忘れた!ってことが多発したので、予備を買って常に1つはカメラに入っているようにした。

カメララップはちょっと包んだり、簡単な雨よけにしたり、レンズ交換の時に下に敷いたりとなんやかんや重宝する。おすすめ

お楽しみアイテム

パークならではのお楽しみグッズ。
現地購入も良いけど、家からお気に入りを持っていくのもいいよね。

ポップコーンバケット

ちなみに、ポップコーン食べたいけどスーベニアはいらんな…って人には密封できるキッチン用の袋(ジップロックなど)が便利らしいってどこかで見た。

ファンキャップなど身に着けるグッズ

カチューシャ・ヘアバンド・ファンキャップなど頭につけるアイテムのほか、かわいいミトンなど身に着けグッズも、持っていきたいものがあれば忘れないように。

ぬいぐるみなど

ちょっと前までダッフィー&フレンズのぬいぐるみを抱えて歩いている人たちいっぱいいたけれどずいぶん減った気がする。

あと、以前はよくパレードルートやキャラクターダイニング、ショーレストランなどにぬいぐるみ展示をしている人をよく見かけた。

かばんに1個ぬいぐるみバッジつけるのもかわいい。

ショーやパレード待ちに必須

ショーやパレードに並んだり、場所取りするのに必要なアイテムたち

レジャーシート

アトラクションの列は進むので基本的に立った状態で待つことになるけれど、ショーやパレードの列は動かないので長時間の場合は座って待つ。
地面に直接座るのはちょっといただけないので、ショーやパレードを待つ予定がある場合はレジャーシートがあったほうが良い。

パーク内でも結構いろんなところで売っている。
ショーやパレードを待つところの近くのワゴンではだいたい置いてある。

新型コロナが広がる前はTODAYやマップをキャストさんからもらって代用している人を良く見かけたけれど、最近はそもそもTODAYもマップも配布していない。
最近は近くのショップで袋を購入して代用している人はたまに見る。

ポータブルクッション

レジャーシートだけだとダイレクトに地面の感触がお尻に伝わってくるので、折り畳みのポータブルクッションみたいなものがあると多少は楽。

パークでも売ってるし、100均なんかでもよく見かける。

折りたたみ椅子

事前に地蔵する*2とわかりきっている場合は折りたたみ椅子を持ち込むのもあり。

パタットとか一時期人気だった。

ちなみに私は折り畳みの椅子は持っていない。

夏(5月~9月ごろ)

暑い時期に必要・あると便利なアイテム

関連記事

spica-mic.hatenablog.jp

日焼け止め

パークで遊ぶ日は外にいる時間が長いので必須。
汗で流れるので塗り直しもこまめに!

本当は冬でも必要だが、正直塗りなおす必要はあまり感じないのでいいかなってなりがち。

汗拭きシート

匂い対策にもなるし、ひんやりタイプだと冷たくて気持ちがいい。

サングラス

目を守れると、体力のモチが心なしか全然違う気がする。

ほんとはちゃんとUVカットを謳っているものが良いけれど、パークで売っているようなファッショングラスでもつけたほうがいいと思う。

大判タオル・フード付きタオル

大きめのタオルを持っていくと、汗拭くのにはもちろん、日よけに使えてけっこう便利。

とくに首後ろにタオル掛けておくと日焼け防止になる。
パークで売っているフード付きタオルもおすすめ。

ポータブル扇風機・扇子

暑いものは暑いが、ないよりはまし。

冬(11月~2月ごろ)

寒さ対策のアイテム

カイロ

現地でも買えるけれど、家にストックがあれば持っていくとGOOD

貼れるタイプ、貼れないタイプ、個数などはお好みで。

ブランケット

嵩張るけれど、ショーやパレードを冬に待つなら、あるとだいぶ快適になる。

ショーやパレードを待たないならあんまり使い道はないかも。
コートの上から羽織るとか?

防寒具

マフラー、ニット帽、耳当てなど。
とくに首回りにあるとあったかく感じやすい気がする。

パークでかわいい防寒具も売っているので現地購入もありかも。


以上です!

*1:ターキーレッグなどをくるんでいた紙

*2:ショーやパレードをお地蔵様のようにじっと長時間待つことを指した俗語