虹はね、

なんでも置き場

雨の日ディズニー 傘にする?レインコートにする?

せっかくのイン予定が雨…。
雨のパークももちろん楽しめるので良いけれど、傘やレインコートなど雨具を持って行く必要がある。

いつも通り傘が使いやすいのか、思いっきり遊びたいから手がふさがらないレインコートや雨がっぱのほうが使いやすいのか。

何度も雨のパークを訪れている私なりの意見をまとめてみたので、楽しみ方に合わせて選ぶ参考にどうぞ!

それぞれのメリットとデメリット

傘の場合

一般的に日常使いしている雨具といえばやはり傘。

メリットは以下のところ。

  • 屋内に出入りするときに開くだけ/閉じるだけで楽
  • 普段から使ってるぶん、気楽

デメリットは、

  • アトラクション内では利用できない
  • 長さがあるのでかばんにしまえない(⇒折り畳み傘なら解消できる)
  • 風が強いとさしていてもビショビショになる

あたり。

レインコート・ポンチョの場合

つづいてレインコートやポンチョについて。
基本的にメリット・デメリットは傘の時の逆になる。

メリット

  • 屋外アトラクションで着られる
  • 風が強い嵐でも服が濡れない
  • 折りたたんでビニール袋に入れればかばんに入る

デメリット

  • 着脱が手間・時間がかかる

パークで遊ぶとき、雨の日は特に屋内外を出入りすることが多いけれど、毎度脱いだり着たりするのはちょっとめんどくさく、入り口の軒先でごそごそすることになるのはちょっと大きめなデメリットかも。

あと、かばんごとすっぽりかぶれるポンチョタイプでなく、スリムなレインコートだと、持ち物はびしょびしょになってしまうので、レインコートよりはポンチョのほうがおすすめ。

気にするポイントについて

上記のメリット・デメリットを踏まえて、傘にするかポンチョにするか判断するポイントとなるのは以下のあたり。

どれぐらい降る予報か

雨予報といっても、小雨~大嵐まで幅がある。

1日中ざあざあ雨だったり、風が強い予報だったり、台風レベルだったりする場合は、傘だけでは太刀打ちできずびしょぬれになってしまうので、レインポンチョがおすすめ。

ついでに言うと、傘だけでなく、長靴など下半身の対策もしないとぐっしょぐしょになるのでご注意を。

小雨でも動いている屋外アトラクションに乗るか

雨の日は屋内アトラクションなどで楽しむのが中心にはなるけれど、小雨程度なら多くのアトラクションが動いている。

ただし、ライドアトラクションは安全のため基本的に傘をさすことが出来ない。
そのため傘しかもっていないとびしょぬれになってしまうので、レインコートやポンチョがあると便利。

あと荷物も置く場所も足元だったりネットの中だったりと屋根がついていないことが多いので、荷物濡れ防止の大きめの袋があると便利。

一方で、屋内アトラクションだとレインコートは脱いでくださいと案内されることがほとんどなので着脱の手間は発生してしまうので、雨降ったら屋外アトラクションは乗らないかなと思っている場合なら、傘メインで利用したほうが楽かも。

そのため、ちょっと移動するぐらいならレインコート・ポンチョを着ずに傘を使ったほうが楽だったりもするので、折り畳み傘とポンチョを両方持って行き臨機応変に使い分けるのがおすすめ。

ショーやパレードメインで回るか

ショーやパレードをメインにパークを回る場合、大雨の日でもない限り折り畳み傘をおすすめする。

ビッグバンドビート、ミッキーのマジカルミュージカルワールドのような屋内ショーの場合、
待機列は屋外だが、座席(屋内)に案内されるタイミングで傘は閉じ、レインコートは脱ぐように案内される。
とくに荷物置き場などはないので、雨具含めて荷物は自分の座席付近に置いておくことになるので、あまり長さのない折り畳み傘が便利である。

ドリーミングアップ、季節のパレードやハーバーショーをはじめとする屋外ショー・パレードは基本的に雨天中止だが、キャラクターが衣装を着てごあいさつに回ることも多い。
キャンセルグリーティングは傘OKか雨具がいらない程度の小雨の場合がほとんど。傘が必要なくらい降っている場合は周りのゲストも(雨の量にもよるが)傘をさしていることがほとんど。
あまり大きな傘を使うのは後ろのゲストのことを思うと考え物だが、昨今はソーシャルディスタンスを確保していることもあり傘のほうが利便性が高そう。

いままでで傘を使えず唯一ショーやパレードのためにポンチョを購入したことがあるのは、キャッスルプロジェクションのワンス・アポン・ア・タイムのみ。
キャッスルプロジェクションは雨天でも中止する必要がなく、無事上演される。ただし、当選席での傘の利用をお控えください、という案内があった。
とはいえ、2022年7月現在、キャッスルプロジェクションのショーは実施されていない。

というわけで、着脱の手間などを考えても、ショーやパレードメインで回る時は折り畳み傘が便利。

傘は邪魔になるか

折りたためない通常の傘はそもそも邪魔になるのだろうか。
私自身は畳めば小さくなる折り畳み傘を利用することが多いのだが、通常の傘でもちょっと邪魔だけど絶対だめという程ではないなと思っている。

当然、長い傘は禁止というルールはないので、折り畳み傘じゃなくて長い傘がいいな…と思ったらもちろん持ち込んでも良い。

実際、雨の日のパークでは折り畳みではない通常の傘が店頭に並び、公式としても長い傘が非推奨なわけではなさそう。

多くのアトラクションやシアターでは足元に置く場合が多い。
傘は長さがあるとはいっても、細いので、同行者の分とまとめて同行者と自分の前に並べておけば、他グループの人に影響を出さずにおいておくことは可能。

また、ソアリンには大きな荷物置き場があるのでそこにおいておけばいいし、タワーオブテラーやセンターオブジアースには専用の傘立てがある。
センターオブジアースの傘立ては最近知ったのだけれど、ライドの乗る入口の所にくっついている。

折り畳み傘のたためるところはパークで使いやすくおすすめだが、お好みでどうぞ。

さいごに

結論をまとめる。

大雨のとき!風が強いとき!
雨が降っていても屋外アトラクションに乗る元気な人たち!
⇒折り畳み傘とレインポンチョのダブル使いがおすすめ

大雨ではないとき!
レインコートの着脱がめんどくさい人
⇒折り畳み傘を持って行くのがおすすめ

以上!

それではみなさん素敵な雨の日のパークライフを。