虹はね、

なんでも置き場

【LIBER HOTEL 宿泊記】USJに大阪観光に大活躍!コスパ良ホテル

新しくできたニンテンドーワールドが気になっていたのと、すこし状況も落ち着いてきたので、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきた。

その時泊まったホテルがが、USJオフィシャルホテルの中で一番新しいリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンというところなんだけれど、とても良いホテルだったのでダイマします。

hotel-liber.jp

写真がないので、ほぼ文字のみで恐縮だけれど、どうかお付き合いください。
写真は楽天トラベルやじゃらんとかでみられると思う…。

アクセス

hotel-liber.jp

最寄り駅はJR桜島駅

最寄り駅は、JRゆめ咲線桜島駅
USJの最寄り駅のユニバーサルシティ駅からさらに1駅乗った終点の駅。

JR大阪駅(梅田)からは環状線で西九条乗り換えでだいたい20分ぐらい。
新大阪からの場合は大阪駅までJR京都線*1で1駅乗って、そこからは大阪駅からのアクセスと同様。

何本かに一本は、環状線ゆめ咲線が乗り入れ運航しているので、大阪駅から桜島駅行の電車もあるので、タイミングが合うと便利。

グリコ看板のある道頓堀やよしもとなどがあるなんばエリアへは、西九条から阪神なんば線に乗り換えて大阪難波駅に向かうと便利。
だいたい30分ちょっとぐらいだったかな。

駅からのアクセス

馴染みのない土地でGoogleマップ片手にさまようのあまり得意ではないのだけれど、リーベルホテルはとにかく誰でも絶対迷わない!って言いきれそうなほど、とにかく改札の目の前で助かった。

なんなら駅構内の窓からホテルが見える。

周辺情報

歩いて5分かからないところに、セブンイレブンとローソンがあるので、何かと便利。
エントランスを出た通り沿いにあって、出て右手を見たら見えるので迷うこともなさそう。

USJ行く日は朝ゆっくりごはん食べる時間がなさそうと思い、朝食なしのプランにしたので、朝ごはんを購入したり、飲み物買ったりと重宝した。

USJへのアクセス

ほかのUSJのオフィシャルホテルに比べて、エントランスからちょっと距離があるのは事実だけれども、それでもそこまで遠くはない。

先述したセブンイレブンやローソンを通り過ぎてそのまま通り沿いを歩くと、ユニバーサルシティ駅やホテルユニバーサルポートや京阪のホテルが見えてくるので、そこからはゲートまですぐ。

友人とおしゃべりしながら歩いたので正確な時間はわからないけれど、だいたい15分ぐらいだったんじゃないかなあ。

桜島駅が目の前にあるので、1駅だけ電車に乗るのもあり。
ホテル→USJの場合始発駅なのでだいたい座れそう。
帰りも閉園時間間際は駅は混みあうけれど、大阪駅と逆方向なので電車はそこまで混んでないかと。

お部屋について

広さ

今回泊まったお部屋はスーペリアツイン

hotel-liber.jp

スーペリアツインは、スタンダードツインよりちょっと広めのツインのお部屋で、追加ベッド2つ足して大人4人で泊まった。

スタンダードツインは追加ベッド1つ足した3人まで泊まれるお部屋。
ちょっと広めのツインルームであるスーペリアツインは追加ベッド2つ足して4人泊まれるお部屋で、一番客室数が多いそう。

公式サイトに平面図が載っているのだけれど、
4人の場合は窓側にある椅子と机がテレビ側に移動し、ベッドの間隔をちょっぴり詰めて、窓側にエキストラベッドが2台追加される。

いくら広めのツインと言えど、ベッド2つ足したら狭いんじゃないかな…と思ってたんだけれど、十分荷物を広げるスペースがあるぐらい、ゆとりがあった。
強いて言えば、ベッドが窓ギリギリまであるので、カーテンを開け閉めするスペースがなく、カーテンをベッドとのスキマに通すのがちょっと大変なくらい。

エキストラベッドは通常ベッドと幅は変わらず、縦の長さがちょっと短いタイプ。
縦は190cmある(通常は206 cm)ので、女4人旅では問題なし。男性でも全員高身長でなければ問題はなさそう。

トイレ・バスは別

トイレとお風呂・洗面所が独立しているのがとにかく嬉しい!

トイレはお風呂・洗面所から完全に独立しているので、誰かがお風呂入っていたり、お風呂から出て体をふいたり着替えていたりしても、余裕でトイレに行ける。

お風呂もちゃんと洗い場があって、家のお風呂ぐらいのゆとりがあって快適。

とはいえ、大浴場もあるので(詳しくは後述)、あまりお風呂は利用しないかもしれないけれど…。

設備について

テレビ、ポット、ドライヤーなど必要なものは一通り揃っている。

お茶も緑茶ほうじ茶紅茶の3種類×人数分あり、さらにコーヒーがお湯を注ぐタイプのドリップコーヒーで、良い感じのミルキーな粉も置いてあってなんか素敵だった。(いい表現がわからない)
ペットボトルの水も人数分あり、パークに行く日に重宝した。

枕元にタッチパネルがあり、そこで照明や空調の調節をしたり、大浴場の込み具合を確認できたりして、新しいホテルらしいな、と。

コンセントはいくつあったかは数えてないけど、4人で宿泊して、ドライヤーやポットなどで利用したほか、各々PCつないだりスマホやモバブ充電したりしてもノンストレスなぐらいはあった。
一部はコンセントではなく、最近流行りのUSBタイプだったので、普段コンセント直結の充電器や充電元側がType-Cの充電器を使っている人は気を付けたほうが良いかも。

あと4人で泊まったら、朝に洗面所の争奪戦が始まるんじゃないかとひやひやしていたんだけれど、洗面所の他にお風呂の中、部屋のテレビの横のデスクにあわせて3つも鏡があり、あわただしい朝も争奪戦にならずに済んだ。

ふだん安いビジネスホテルにしか泊まらないので、充実っぷりに感動した。

アメニティについて

公式サイトに記述されているアメニティは以下の通り。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイス&ハンドソープ、ボディタオル、バスタオル、フェイスタオル、ナイトウェア、スリッパ、歯ブラシ、ヘアブラシ、髭剃り、コットン、綿棒、足リラックスシート

SUPERIOR – 【公式】リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ナイトウェアはいわゆる浴衣ではなくボタン止めのタイプ。
上下セパレートではないので、ちゃんと布団かぶって寝よう!笑

面白いなと思ったのは足リラックスシート。
別に足じゃなくて方とかに貼ってもいいタイプだけど、なんかひんやりして気持ちよかった。
ただめっちゃ剥がれやすく、貼ったままどこか出かけるのは無理なので、お部屋でのくつろぎタイムに使いましょう。

あと上記には書いてないけれど、ちょっと大きめの巾着がもらえる。
スパとかに利用してください、ということだろうけど、サテンっぽいツヤツヤの素材で作りもしっかりしてて使い勝手がいいので、今後の旅行とかに使いたい。

大浴場あり!

部屋のお風呂もそこそこ広くて快適だけど、それとは別に大浴場付き。

hotel-liber.jp

公式サイトにいっぱい写真載ってるので是非見てみて。

私は女性風呂のことしかわからないが…、
洗い場も広く、髪を乾かしたりするスペースのたくさん確保されており、さすが大きいホテルだなあという作り。

露天風呂やサウナもあり、なかなかの充実ぷり。

どうやらHPを確認する限り女湯限定みたいだけど、炭酸風呂もある。
ぶくぶくしているいわゆるジャグジーみたいな感じではなく、細かい泡が無数に体にへばりついてきて、ぬるめだけどなんかポカポカしてくる、みたいなお風呂。

大浴場付きのビジネスホテルなどにありがちな、タオルやアメニティを部屋から持ち込まないといけないタイプではなく、タオルは脱衣所に積んであって自由にレンタルできる。

アメニティとして雪肌精の化粧水・乳液も置いてあったし、歯ブラシ・ブラシ・コットン・綿棒なども備え付けられていたので、下着の替えだけあればあとは手ぶらでも大丈夫。
(ちなみにナイトウェアは部屋だけなので大浴場行くときはNGとチェックインの時言われる)

シャンプーやリンスは部屋にあるものと同じだけれども、そんな高級品とかではないので、気になる人はお気に入りを持ち込んでもいいかも。

そのほか

先ほどちらっと書いたけれど、素泊まりプランで利用したので、朝ごはんがどんな感じかはわからない。
1階に雰囲気の良さそうなカフェみたいなところがあったのでそこが会場なのかな?

そこまで大きくないけど、USJのチケットカウンターやショップ、セサミストリートのフォトスポットもあり、さすがオフィシャルホテルといったところ。

キャラクタールームもあるのでいつか泊まってみたい。

さいごに

USJのエントランスからは少し歩くので、USJだけが目当ての場合は他のオフィシャルホテルに軍配が上がるかもしれないけれど、JRの駅の目の前ということもあり、USJに行くけどついでに大阪旅行もしたい!って場合にかなりおススメ。

新しいので綺麗だけど、USJのエントランスから遠い分他のホテルより割安で、コスパもいいなと思う。
またぜひ泊まりたいホテルの一つ。


予約はこちらからどうぞ↓

東京から行くならJR(新幹線)とのセットで買うのもおすすめ。
【日本旅行】 人気プラン! ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)