虹はね、

なんでも置き場


暑すぎるTDRを生き延びるアイデアまとめ

あの、毎日死ぬほど暑い!暑すぎる!
毎日、通学するだけで満足感というか今日頑張ったな考えられてしまうぐらい暑い。なんなんだこれ


でも、
パーク*1はほぼ屋外。
冷房?ナニソレオイシイノ?

というわけで、TDRが好きで、夏もいくことがやめられない私の、夏を超えるためのアイデアをまとめてみた。

もちろん医学的根拠はないのでこれさえやれば大丈夫ってわけではないけど、(40℃とか超えられたら太刀打ちできない)
やらないよりは多少はましになるんじゃないかなあと思うよ。あくまで個人の感想だけどね(防御線を張っておく)





水分補給はしっかり

これだけ暑いと、マジで熱中症が怖いので水分補給が大事。

一気にたくさん飲むんじゃなくて、定期的に飲むのが大事。
アトラクション乗ってる間とかパレード見てる間とかは無理だけど、待ち時間はガンガン飲んでいこう。
大丈夫、そんなトイレ行きたくならないから。(個人差もあります)

常に手元に飲み物を

混んでるとね、飲み物なくなったとき買おう!と思っても、列ができていて、すぐには手に入らないことも多々ある。

だから、とにかく手持ちの飲み物を切らさないことが大切。
手持ちの飲み物少なくなったなあと思ったら、ペットボトル買おう。200円ちょっと高いけど、熱中症になることを思えば安い。

列長いなあと思っても、みんなそんな迷ったりしないので、見た目ほど並ばないので躊躇せずに並んで。(さっき言ったこととは矛盾している)


あと2018年6月7日(木)~10月1日(月)の間は、ワゴンや自販機*2以外に、一部のショップでも扱っているみたいなので活用してね。

www.tokyodisneyresort.jp

魔法瓶も活用して

水筒は禁止されているわけではなさそう

【公式】東京ディズニーリゾートからのお願い | 東京ディズニーリゾート

開園待ちの間とか、ペットボトル買いにくいので必要だよね。なんならパーク向かうまでの間もなんか飲んだほうがいい。

あと、パークでペットボトル買ったら、魔法瓶に移しちゃえば冷たいままキープできるので夏はかなり重宝する。

ただ、レストランで魔法瓶広げてるのはちょっとどうかな。。。と思うのでそこはマナーを守って。

お酒は水分ではない

これはTDLでは関係ない話なんだけど、
夏のお酒メニュー、「パイレーツ・サマー」なだけにかなり魅力的

食べたい!|東京ディズニーシー スペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」|東京ディズニーシー

グァバベリーモヒートとか気になる

でも、
お酒では水分補給できない。当たり前だけど

むしろより水分補給が必要になるので、お酒飲んだらいっぱい水飲もう。お茶でもいいよ。スポドリはダメです。

体冷やすアイテムを活用する

インスタで皆さんの暑さ対策を教えて!って聞いた時も、

www.instagram.com

シャツ●ールとか、ヒヤロンみたいなアイテムをお勧めしてくれた方が多かった!
実際、かなり体感温度が下がって快適になるのでおすすめ。


あと、制汗剤のたぐいもお忘れなく。

スプレーはちょっとパークでは使いにくいので、ジェルタイプやウォータータイプもいいけど、一番のおすすめは汗もふき取れるシートタイプ

散水ショーでびっしょり濡れると汗が匂ってきたりするのでケア大事

個人的にはマンダムから出てるデイジーのボディシート、女性ものとは思えないくらいえげつなくスースーするのでおすすめ。かわいい顔してるのにやりやがる。
ミニーちゃんのほうはスースーしません。

マンダム ハッピーデオ ボディシート アイスダウン クールミント <徳用> 36枚

マンダム ハッピーデオ ボディシート アイスダウン クールミント <徳用> 36枚

マンダム ハッピーデオ ボディシート アイスダウン フルーツクーラー <徳用> 36枚

マンダム ハッピーデオ ボディシート アイスダウン フルーツクーラー <徳用> 36枚

直射日光を浴びない

日傘は必須アイテム
あとサングラス!!!!!

でも、たまにツイッターで見かける、 「男だけど日傘さして歩いてみたけどすごい!涼しくなる!」てのは半分嘘だと思っている。
だってほんの一瞬前までひなただった場所だから、影作ってもそんなにいきなり涼しくはならない。
まあ何時間も地蔵*3するのなら涼しくなるかもしれないけれども。

それでも日傘が大事なのは直射日光が避けられるから


直射日光、温度的な面だけじゃなくて、なぜかよくわからないけど体力を奪ってくるので、直射日光を浴びないのは大事。
日傘もいいし、つばの広い帽子(いわゆる女優帽)もいいとおもう。(わたしはうまくファッションと合わせられなくて使いこなせないけど)

人がいっぱい歩いているところでは日傘は使いにくいと思うけど、外で列に並んでるときとかはぜひ。
パークでは晴雨兼用の折り畳み傘も売ってるので、もはや現地調達しちゃうのもアリ!


あと、目から太陽光が入るのもそれなりにダメージになるので、サングラス(UVカットするもの)もかけると、体力のモチが変わる。
日本人は瞳が黒いから~~~~とか言ってる場合じゃないからね。瞳が黒かろうが太陽光が直接目に入るはよくないと思うし無駄に体力消耗するよ!



あとパークで売っているフードつきタオル、首回りに直接紫外線が当たるのを防げるのでおすすめ。首焼けるとまじで痛い
フードつきタオル買いたくない場合は、ふつうのフェイスタオルでも、首からかけると、ある程度首に直射日光が当たるのは避けられる。

特に首回りに髪の毛がないショートカット組(男女問わず)は気を付けてほしい。

日焼け止めは浴びる

直射日光避けてるからって油断しちゃだめだからね。
日焼け止めは浴びろ。じゃばじゃばしろ

個人差はあるけど焼けると痛いし、無駄に疲れちゃうからね。

最近は髪にも使えるタイプの日焼け止め買うか悩んでいるところ。

夕方から行く

いっそのこと、暑いパークにはいかないという選択肢もある。 まあ、なんだかんだ最近は夜でも熱いけど、まあそれでもやっぱり昼よりはまし。

この夏、夜の新しいキャッスルプロジェクションマッピング、Celebrate! Tokyo Disneylandがスタートした。
それに、昼は暑すぎて出演者の負担が大きくなってしまうからか、レギュラーショー*4の上演時間が遅い。例えばいま*5なんか"お昼のパレード"のドリーミングアップは16:45~やっている。
だから夕方からいっても、アトラクションだけでなくショーもかなり楽しめる。

清少納言も「夏は夜」って言いきってたし、夏の夜はおすすめだ。
まあ清少納言さんの時代に東京ディズニーリゾートはなかったんだけど。

さいごに

特に大した知識がない人がいろいろまとめてしまったけれども、ほんとにこれやったら大丈夫!って確信はないです。(防御線を張らずにはいられない)


さいごに一言、
みんな!ほんと出来ることは全部やろうな!夏のパークはとにかく暑いぞ!!!!!!!

*1:TDR

*2:ランドのみ

*3:ここではパレードやショーなどを待つことを指す

*4:季節に関係なく年中やっているショー

*5:2018年8月