虹はね、

なんでも置き場

【ラーヤと龍の王国 感想】ただシンプルに「信じること」

ディズニーの新作、ラーヤと龍の王国はほんとうは映画館で観たかったのだけれど、上映館と上映回数が少なすぎてうまくタイミングが合わず、ディズニープラスで一般公開されたのを機にやっとさっき観た。

とりあえず1回目は吹き替え版で。

シンプルに王道な作品で、ファミリームービーとして、そしてディズニー映画が好きな人はぜひという、さすがの安定感を感じるクオリティ

以下、ネタバレあり感想です。ご注意ください

ただシンプルに「信じること」

最初のほうのシーンはどこかナウシカっぽいし、設定の説明の部分はどこかモアナっぽいのだけれど、話が進んでいくと全然そういう話ではない。

今作のテーマはとにかくただシンプルに信じること

とにかくシンプルに信じることって古今東西老若男女問わずみんなの永遠のテーマじゃないかな。

主人公・ラーヤが幼少期に裏切られる→仲間を得て紆余曲折ある→裏切った友(?)を信じて世界を救う、というシンプルな構成がテーマをしっかりと支えていて、すっと入ってきていいなあとほろり。

とことん王道

テーマがストレートなだけでなく、ストーリーもとにかく王道

強い主人公がアイテムを集める過程で仲間を得て、世界を救うという超王道ストーリー。
どこぞの少年漫画、RPGですか、という感じ。

意外な展開!みたいなところもなく、比較的先が予想できる感じだった(少なくとも私にとっては)
意外だったのは、最後にラーヤが龍の石で救うのではなく託したところくらいかな。

この王道ストーリーをきっちりまとめ上げてくるのはさすがディズニー。

大人にとっては正直想定内の展開だからこそ、スッとテーマが刺さってきてとても良かった。

キャラクターについて

それぞれのキャラクターについて少しずつ

ラーヤ

主人公

ディズニーの主人公って基本的に人のことめっちゃ信じるし、自己犠牲の精神も強いし人外っぽいのに対して、人間らしくて好印象

いや戦闘能力は人外だけど!

戦闘シーン以外はふつうのいい子って感じなのよ。

トゥクトゥク

ラーヤのパートナーの動物
ダンゴムシアルマジロのハイブリッドかな。そしてどこかナウシカ王蟲っぽさもある

ラーヤ少女時代はトゥクトゥクも小さくてかわいいんだけど、ラーヤが成長し大人になるころにはトゥクトゥクそんなでかくなるんかいってくらい成長していてちょっと笑った。

シンプルにお顔が最高にキュート

シス―

500年前龍の石で世界を救ったのち姿を消していたドラゴン(?)

本作は基本的には東南アジアの文化を参考にしていて食事や生活様式の描写はすごいんだけど、彼女のキャラだけはめっちゃアメリカン笑
まあここはかなり賛否両論あるんじゃないかなと思う…。

主人公の相棒であると同時に、とにかく"信じる"ことを力にしているキャラクターで、この作品のテーマそのものみたいなキャラクター

回想で世界を救ったのはだれでもよかったんじゃないか、私はたまたま…みたいなことを言っていたけれど、"信じる"ことを力にしているキャラだからその役目を果たせたのでしょう。

ブーンくん

少年シェフ
ごはんがおいしそうなのもこの作品の魅力

いい子なのはよくわかったけど、ドルーン(怪物)で家族を失ったというわかりやすい設定以外ほとんどキャラ付けがなかったように感じられてちょっともったいなかったな…。

ノイちゃんと3匹のオンギたち

赤ちゃんスリとサルみたいな不思議な生き物3匹

アニメーション界の暴れる赤ちゃん最高すぎるんだよな…。
賢いしあざといし最強だし未来が怖いよ笑

近々、ノイちゃんを主人公とした短編アニメーションがディズニープラス限定配信される予感がするけどどうかしら。

トング

巨大な斧を持った大男

凶暴に見えるけれど、実は優しいという定番のキャラクター設定。
ドルーンによってスパイン国の仲間を失い孤独であることが、ラーヤの仲間になる動機として重要だったようだけど、この部分の描写がもっと欲しかったな…。

2時間弱で龍の石のかけらをもともと持っていた1に加えて4つも集めなくてはいけないので尺が足りてなかった印象がどうしてもある。

ナマーリ

もうひとりの主人公。ファング国のかっこいいお姫様
登場シーンも多く、見た目もかっこよく存在感ばっちり

ぱっちりお目目の主人公をツリ目の少女が裏切るという最初の展開が、ステレオタイプすぎて2021年にそれ???とちょっとうっとはなってしまったのだけれども
まあ想定通りラーヤに信じられて協力して世界を救う側に立ってよかった。

お母様と一緒にファング国の話はもう少し見たかった。
見方によっては首長としてはけっこう優秀な親子だと思うんだけどなんというか説明がいろいろ足りてない印象。

まあ子供向けと割り切ってテーマを絞る分にはそれでよかったとも思うけれど。


余談だけど

最後に会ったというよりは、救った後に再開したときのシーンというべきかな。
表情で語るのはさすがのアニメーション技術

さすがの映像美

もうここ最近はディズニーやピクサーの新作映画を観るたびに言ってる気がするけれど、映像がきれいすぎる。

アクションのカメラワークのかっこよさ、水の描写の美しさ、毛のふさふさ感、素晴らしい色彩感覚、、、

手描きアニメーションに未練のあるファンも多いだろうけど、CGアニメーションもここまでくると手描きアニメーションの代わりではなく、別の美しい表現方法として素晴らしい。

さいごに

映画館で観そこねたのが残念なくらい、映画館で観たい映画だった。

とにかくシンプルに"信じること"をテーマに王道物語を紡いだ作品。
シンプルだからこそテーマが観客である私の中に染みてきたところが良かった。

ああ、私はやっぱり王道が好きなんだなあ。

ラーヤと龍の王国 (字幕/吹替)

ラーヤと龍の王国 (字幕/吹替)

  • Don Hall & Carlos López Estrada
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥2037