虹はね、

なんでも置き場

はじめてのカラポ(ColourPop)レポ①~購入方法~

あのですね、カラポことColourPopデビューしちゃいました。

カラポどころか個人輸入も初めてだったのでちょっとドキドキだったけど、結果的に楽しいお買い物ができて大満足!
これからデビューする人の参考になるかな?と思ってレポをまとめておきます。


この記事は購入方法などを中心にまとめたので、実際に買ったものレポはこちらの記事でどうぞ

spica-mic.hatenablog.jp

きっかけ

きっかけは、Twitterだったかインスタだったかで、セーラームーンコラボが発売されるというのをお見かけし、

ルナのチークが欲しいと思ってしまったが最後。


おたく特有の行動力で即カラポのサイトにアクセスし、送料無料にするためにほかに欲しいアイテムがないか物色してたら、カートがどんどん埋まっていく…。
セーラームーンコラボ発売日に再びアクセスすると日本には送れないことが発覚しショックだったのだけど、熱が冷めやらず結局ルナのチーク以外だけでいろいろ買いました。

カラポとは?

わたしもセーラームーンコラボをお見かけするまで恥ずかしながら存在すら知らなかったけれど、
カラポはLA発のコスメブランド

海外コスメらしく色とりどりでサイトを眺めてるだけでも楽しくなっちゃうのに、どんどん新色も出るという恐ろしさ。

そしてほとんどのアイテムを$10未満で購入できる恐ろしのプチプラさ。
しかもしょっちゅうセールを開催している。

それにディズニーをはじめとしていろんなものとコラボしてて、これがまたかわいい…!
コラボじゃない通常品もパッケージがかわいいのが多い。

日本未上陸ながら「カラポ沼」にはまってしまう人が続出しているらしい。

購入方法

どこで買う?

カラポは日本未上陸なので店頭では買えないけれども、日本からでもネットで買える。

Amazonなどの通販サイトにもあるみたいだけれども、

Amazon

公式サイトから直接買うのがおすすめ。

colourpop.com

商品がいっぱいありすぎて眺めてるだけで心躍る…!

支払方法

2020年2月の段階では、クレジットカードかPayPalが利用可

私は直接海外のサイトにクレジットカード情報とか入れるのはという不安もあったのでPayPalを利用しました。

www.paypal.com

今回私がミスっちゃったのは、PayPalの為替レートが高いのに失念していたこと。
決済手数料は無料てとてもありがたいんだけど、為替レートがクレジットカードとかと比較してかなり高い。

PayPalの支払い画面で「通貨換算レートのオプション」をクリックして「カード発行会社の通貨換算レート」にチェックをいれて、ドルで支払ったほうがちょっぴりお得かも。

送料

送料は日本含めてアメリカ国外なら$50以上なら無料($50未満の場合$9.99)
あとちょくちょくキャンペーンで送料の条件が変わってたりする。

How are shipping rates calculated? – ColourPop

住所の書き方

私が少し戸惑ったのが、住所を英語でどう表記するか。

ネットで調べたらすぐわかるんだけど、基本的には日本語と逆。
間は続けずにスペースで区切る。(カンマをつけても可)
見やすくするためにハイフンを入れてもOK(配達する日本人が読みやすいのがいいと思う)
そして郵便番号に〒マークは不要(〒は日本オリジナルなので)

例えば、〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1丁目1番地東京ディズニーランド トゥーンタウン ミッキーアベニュー1番地にお住いのミッキーマウス様の場合、
Mickey Mouse, 1-1 Maihama, Urayasu-shi, Chiba-ken, 279-0031, Japan
東京ディズニーリゾートからの下りはややこしいので今回はカットしました)

集合住宅にお住まいなら、番地の前に部屋番号 住宅名の順に足せばOK

どうやって送られてくる?

ちゃんと英語で住所を入力したら、アメリカからもはるばる日本にもばっちり郵便で送ってくれる。
出荷した段階でメールで追跡番号が送られてくるので、今どこまで来たかもちゃんと確認できるので安心。

f:id:spica_mic:20200321004042j:plain

私の場合、早朝に購入して夕方ごろには追跡番号が送られてきて、それから1週間半ほどで自宅まで届いた。
日本に届いてから12時間足らずで届いたので日本の郵便局仕事が早いねと妙に感動した。

英語できなくても大丈夫?

まあアメリカの商品をアメリカのサイトから購入するので、もちろん英語ができるに越したことはないけれども、
まあそんなに得意じゃなくてもきっと大丈夫(責任は取れない)

サイト自体はカートに入れて購入ボタンを押すだけなので特に難しいことはない。

ただ、もしトラブルがあった時にメールを送ることになった場合英語ができたほうが安心かな…というのは否めない。
ただ今はGoogle翻訳も英語なら結構いい感じに訳してくれるのでツールも使いながら頑張ってみてもいいと思う。(責任は取らないけど)

化粧品の個人輸入について

関税とかどうなるんだろうってちょっと調べてみたんだけれども、
そもそも厚生労働大臣の製造販売業の許可を受けた者でなければ、業として輸入してはならないと定められている。
が、個人での使用に限り、既定の範囲内で許されている。

https://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.htmlwww.mhlw.go.jp

つまり友達と合わせて買ったり、プレゼントしたりするのは(SNS上で買ってもらった~ってのをよく見かけるけど)違法みたいね。
ていうかおみやげとして海外から化粧品買って帰るのも文字通り読むとダメなのか…?

さっきのリンク先を見る限り、

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。
<中略>
○ 化粧品
● 標準サイズで1品目24個以内
* 例えば口紅の場合、ブランド・色等にかかわらず24個以内

とあるので、かっわい~~うひょ~~~とか言いながら、30個くらい単色アイシャドウをぶち込むと個人輸入なのか?って疑われる可能性が大ってことであってるのかな…?

一応個人的に調べる限り、自分のために$5~60ぐらい買う分には関税や消費税も含めて特に心配することはないはず。

まとめ

さいごにまとめると、 ・カラポことColourPopはLA発のプチプラコスメブランド

・日本未上陸だが、公式サイトから購入可能

ここまででちょっと長くなってしまったので、購入品は一回区切って次の記事でまとめたので、ぜひこちらも!

spica-mic.hatenablog.jp